読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年後の笑点

落語 テレビ 雑感

5月22日の笑点で発表された新司会者。
大方の予想を裏切って、6代目司会は春風亭昇太(56歳)と発表されました。

 

以前、サンキュータツオTBSラジオ「東京ポッドキャスト

昇太について、

「協会理事、笑点レギュラーを引き受けた時点で

昇太師匠は落語芸術協会の未来を引き受けた」
と発言をしていたのを思い出しました。
(内容うる覚え詳しくは↓)

www.tbsradio.jp

 

芸協芸協というバトンタッチに

協会の壁の厚さを思い知る結果となった今回のキャスティング

単に歌丸が抜けたから次はリーダー格の円楽というものではなく、
30年続けられる司会者が選ばれたという印象です。

 

ともあれ、円楽司会就任を前提に新レギュラー予想をしていたので、
予想をやり直ししたいと思います。
どうせ予想するのなら10年先を見越し、
たい平以外のメンバーチェンジを考えてみました。

 

歌丸昇太の交替からわかるように、
もはや所属する協会内での相続するのが定石。
さらに、昇太たい平と比較的最近レギュラー入りした面子を見ると
笑点jrメインレギュラーの中から選ばれるのは確実のようです。

 

さて2011年に終了した笑点jr、若手大喜利の過去レギュラー、

順レギュラーの中から
次世代の候補になりそうなメンバーを協会別にみると

 

協会別次世代候補は

落語協会
林家木久蔵(40歳)
五明樓玉の輔(50歳)
橘家文左衛門(54歳)
林家彦いち(46歳)
春風亭百栄(53歳)
林家ぼたん(36歳)
鈴々舎馬るこ(35歳)

 

落語芸術協会
春風亭柳好(48歳)
三遊亭遊馬(45歳)

 

円楽一門会
三遊亭愛楽(46歳)
三遊亭王楽(38歳)

あたりが順当かと思われます。

 

まずは落語協会
現在、笑点レギュラー枠は木久扇たい平の2枠あるが、
たい平はまだ若いのでしばらく交替はなさそう。
そうなってくると最大勢力であるはずの
落語協会からは交替枠は1枠のみ。
そのひと枠を7名で争うことになるのですが、
木久蔵はいわずと知れた木久扇の実子。
次期笑点レギュラー入りは確実です。

落語協会枠少ないなぁ。 

 

次に芸協
小遊三昇太の2枠あります。
そこに柳好遊馬が順当に収まるとして
遊馬小遊三の弟子。
したがって今回抜ける昇太の枠は
柳好になるのが順当かと思われます。

 

さて円楽一門も同じく2枠に対して候補が2名。
どっちがどっちでもいいのですが
好楽の枠には実子である王楽
残る円楽枠に愛楽が繰り上がることでしょう。

 

10年後予想結果は・・・

司会:
<芸協>歌丸(79歳)→昇太(56歳)

回答者:
<芸協>小遊三(69歳)→遊馬(45歳)
<円楽>好楽(69歳)→王楽(38歳)
<協会>木久扇(78歳)→木久蔵(40歳)
<芸協>昇太(56歳)→柳好(48歳)
<円楽>円楽(66歳)→愛楽(46歳)
<協会>たい平(51歳)

とこのようになりました。

あまりワクワクしませんね。

 

個人的には協会から春風亭一之輔

7人目の回答者枠として落語立川流から

生志が入れば面白くなると思うのですが。

 

しかし、50代で若手とは、つくづく潰しの利かない恐ろしい商売なんですね。
噺家って。

笑点新レギュラー予想

雑感 テレビ 落語

司会は円楽(6代目)でほぼ決まりでしょう。
問題は円楽が抜けたあとの回答者枠。

歌丸が司会になったときは、同じ落語芸術協会昇太が後釜に座ったように、
円楽が抜けた後は円楽一門会から選ばれるが筋。
ですが、今の円楽一門会には笑点レギュラーを担える人材がいない。

唯一可能性があるのが番組アシスタントを務める愛楽だが、小粒感はいなめない。

そこで落語立川流の出番。
もともと笑点は談志がはじめたもの。
実際、志の輔の司会就任等も噂されていたりもする。

円楽一門会に担い手がいないとなると、落語立川流の中から選ばれてもおかしくない。

そこで候補となるのが笑点Jr.メンバーとして活躍したことのある晴の輔生志の二人。
二人とも実力は確か。テレビの露出も増えている。

だが、晴の輔だと少し若すぎる。
他のレギュラーと並んだときにバランスが良いのは生志か。
デブキャラというのもポイントが高い。

 

実は生志木久扇の息子である木久蔵と相性が良く、
笑点Jr.メンバー時代はその掛け合いに定評があったという。
今でもときおり二人会を開くなど二人は大変に仲が良いことで知られている。

年齢的には早晩引退をすることになる木久扇
木久扇が司会辞退の見返りに息子の次期レギュラー入りを
確約させたという噂もまことしやかに語られている。

5年後、10年後には木久蔵生志

木久扇円楽のような掛け合いを繰り広げているような気がする。

 

来月には立川生志後楽園ホールの座布団の上に座っているのではないだろうか。

shoshi-t.blog.so-net.ne.jp